2017年システム手帳・リフィルのおすすめ

イー・ウーマン アクションプランナー 2014 手帳 リフィル 1月始まり ウィークリー A5 10684 を買ってみました

イー・ウーマン アクションプランナー 2014 手帳 リフィル 1月始まり ウィークリー A5 10684 を買ってみました

アマゾンランキングで上位に入っていたイー・ウーマン アクションプランナー 2014 手帳 リフィル 1月始まり ウィークリー A5 10684の感想を書きます。

アクションプランナー 表紙

アクションプランナー 裏表紙


◆商品仕様

サイズ:A5(W148×H208×D10mm)
各ページ切取り栞用ミシン目付きで、終わったページの端を切り取れば次の日にたどり着きやすくなります。


アクションプランナー 記入例
▲記入の仕方(1ページ)

 

アクションプランナー 持ち主情報

▲所有者情報(落としたとき用に)

 

アクションプランナー カレンダー
▲海外10カ国・地域の祝日表、2014・2015年カレンダー

 

アクションプランナー プロジェクト

アクションプランナー プロジェクト一覧

▲プロジェクト・アット・ア・グランス(2013年11月~2014年12月まで分)

 

アクションプランナー ウィークリースケジュール

アクションプランナー 週間予定
▲ウィークリースケジュール(2013年11月25日~2015年1月4日まで分)
見開き1週間(月曜から日曜)です。
朝6時から夜11時30分までの30分単位のバーチカルタイプです。

 

アクションプランナー 月間スケジュール
▲見開き4ヶ月の月間スケジュールです。(2015年1月~12月まで)


アクションプランナー 単位換算表
▲単位換算早見表、ノート9ページ

 

アクションプランナー 方眼

▲方眼8ページ

 

アクションプランナー 定規

▲定規

 


◆購入者のレビューから

  • 予定をただ書くだけなら普通の手帳で十分ですが、時間管理を意識するようになってこの手帳を使ってみて、その価値がわかったという意見があります。
  • バーチカルタイプの定番品という認識。
  • 長年使い続けているユーザーが多いようです。
  • 気に入ったカバーに入れ替えることができる。
  • ユーザーは、見開き(横軸)で1週間、縦軸で1日の時間把握ができることにメリットを感じているようです。


    
◆使ってみての感想

  • もともと自分が1日1ページタイプを使っているため、記入スペースは少なく感じましたが、記入例ぐらいの記入量の方には使いやすいと思います。
  • 時間把握をするために記入するのであれば、もっと細かく記入できる方が良いと思うので、仕事で使うには、「●●さん訪問」ではなく、「●●さん」など短めに書いたりする工夫が必要になります。
  • また、予定が変更になった場合、リスケジュールが見づらくなりそうです。
  • 紙は1枚1枚しっかりしていて、ツルツルなので書きやすいです。薄い紙がいい人には向いていないかもしれません。
  • 仕事で使うには、あまり記入量が多くない方、毎日同じような仕事が多い方、あまりスケジュールが変化しない方などによいのではないかと思いました。

 

人気・おすすめのシステム手帳・リフィル



各サイズの選び方や使い方、特徴 システム手帳リフィル(用紙)の種類や使い方 システム手帳の特徴・機能他
システム手帳の種類・メーカー 仕事における使い方 基本的な営業方法と手帳の使い方
システム手帳を使う目的・メリット 管理人が読んだ本のレビュー・口コミ 管理人が購入した商品の体験レビュー

このページの先頭へ