2017年システム手帳・リフィルのおすすめ

Bindex システム手帳 リフィル バイブルサイズ ケイページ ホワイト No.407 の口コミ・評価・体験レビュー

出張用にバイブルサイズのシステム手帳を購入したため、一緒にメモリフィルも必要だと思い、書店で購入しました。
書店では他に罫線入りのリフィルがなかったため、自動的にバインデックスになりました。
それでは、Bindex システム手帳 リフィル バイブルサイズ リフィル ケイページ ホワイト No.407を実際に使ってみた感想を書いていきます。

 

◆商品内容

  • サイズ:W95 x H171mm
  • 素 材:オリジナル手帳専用用紙
  • 入り数:30枚
  • 品 番:No. 407
  • 行 数:28行
  • 行 間:5.4mm


ケイページ

白色の罫線入りメモです。
出張で使うだけなので、30枚入りで十分でした。


ケイページホワイト

行間5.4mmということですが、十分な高さがあり、書きやすいです。
バイブルサイズとしてはぴったりな行間だと感じました。


ケイページBindex

システム手帳にはさむとこのような感じになります。
幅は手帳よりもけっこう狭いため、紙の幅がもっと大きくてもよいのではないかと思ってしまいます(笑)


ケイページBindex

裏写りのテストです。
上から、油性黒ボールペン、油性赤ボールペン、パーカーの5thペン(万年筆に近いペン)、油性マジック(ゼブラのマッキー)です。


ケイページホワイト

ボールペンはほとんど裏写りしませんでしたが、5thペンと油性マジックは裏写りしました。
裏写りしにくい紙ということですが、インクが多く付くペンだとさすがに裏写りしてしまうようです。

 

◆使ってみての感想

  • サイズや罫線の行間などは使いやすいです。
  • クリーム色のメモ用紙もありますが、白のほうがコントラストで字がはっきり見えるように思います。

 

◆総合評価

  • 使い勝手は非常に良いと思います。
  • ただし、30枚入りで250円というのが割高な感じがするため、コストパフォーマンスはあまりよくないように思います。

 

人気・おすすめのシステム手帳・リフィル



各サイズの選び方や使い方、特徴 システム手帳リフィル(用紙)の種類や使い方 システム手帳の特徴・機能他
システム手帳の種類・メーカー 仕事における使い方 基本的な営業方法と手帳の使い方
システム手帳を使う目的・メリット 管理人が読んだ本のレビュー・口コミ 管理人が購入した商品の体験レビュー

このページの先頭へ