2017年システム手帳・リフィルのおすすめ

書き心地最高! ニーモシネ 方眼罫ノートパッド の口コミ・評価・体験レビュー

ニーモシネ 方眼罫 N188A

ビジネスマンに人気のあるノートパッド

 

先日書店に行った際、ちょっと気になった「頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?」を手に取り、立ち読みしました(笑)

頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?

 

そして、方眼紙の良さが理解でき、自分も使ってみようと思い、早速アマゾンで注文したのが、
ライフ レポート用紙 クリッパー A4 G1371です。

 

A4で大きくてとても書きやすいのですが、カフェに行くときには大きくて不向きなので、
もう少し小さいものがないかと思い、近所の本屋さんで見つけたのが、
今回紹介したいマルマン A5 ノートパッド ニーモシネ 方眼罫 N188Aです。

それでは、実際に使ってみた感想を書いていきます。

 

書き心地が最高!こんなメモ帳が欲しかった!


サイズ:幅148×高さ227×奥行9mm
重 さ:230g


Mnemosyne

表紙が黒にゴールドの文字で高級感があります
表紙は折り返して後ろにめくれるようになっていて便利です。


マルマン A5 ノートパッド ニーモシネ 方眼罫 N188A

上部に、DATE/NOとTITLEの枠があり、見やすく記入できます。
方眼線は薄いグレーで、気にならず図形や線も書きやすいです。


ノート メモ帳

7mm横罫です。1つのブロックに1文字書く感じで、十分読みやすい大きさです。
書き心地がかなりなめらかで、こんなに書きやすい紙があるなんて知りませんでした
万年筆で書いても裏写りが少なく、すごいです。


マルマン A5 ノートパッド

「頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?」に掲載されていた、有名コンサルティング会社のマッキンゼーで教えられるという黄金の3分割の記入例です。
①空が曇りがかってきた→②雨が降りそう→③傘を持って行こうというように、3分割して、事実から解釈し(仮説をたて)、行動することを記入するというものです。

この考え方を小学校の時に教えてもらっていたら、苦手だった社会をはじめとする勉強がもっと理解できて、もっと楽しくすることができたのにな~と思いました(笑)

 

総合評価 価格・品質ともに満足!

 

個人的にめちゃくちゃ気に入りました!
何といっても書き心地がめちゃくちゃなめらかで、書きやすいです!

一番最初に使ったLIFE CLIPPERシリーズのA4サイズの方眼紙でも十分満足していたのですが、
これを使ってからは書き心地の違いを感じるようになりました。

お気に入りポイントとしては以下の内容です。

  1. 滑らかな書き心地
  2. 高級感のある黒い表紙
  3. 方眼の色が薄いグレー
  4. 安い


500円未満でこの品質のメモ帳があるとは驚きでした。
これでカフェに行くのもより楽しみになります(笑)
 

マルマン A5 ノートパッド ニーモシネ 方眼罫 N188A

人気・おすすめのシステム手帳・リフィル



各サイズの選び方や使い方、特徴 システム手帳リフィル(用紙)の種類や使い方 システム手帳の特徴・機能他
システム手帳の種類・メーカー 仕事における使い方 基本的な営業方法と手帳の使い方
システム手帳を使う目的・メリット 管理人が読んだ本のレビュー・口コミ 管理人が購入した商品の体験レビュー

このページの先頭へ