2017年システム手帳・リフィルのおすすめ

洗い出したタスクを納期・時間調整しながらスケジューリングする

前項でお話したビジネス向けの使い方で、このページでは、スケジューリングについてお話したいと思います。

 

タスクとそれにかかる時間、納期が洗い出されているため、それを1週間の1日のスケジュールに組み込みます。
組み込み方は以下の通りです。

 

納期を考慮して、タスクを1週間の営業日に振り分けます。

この段階では、何時に行うかまでは決めていないため、不用紙などに書きます。
月曜日に集中するとか、火曜日が時間が空いているなど、日によってボリュームが違うと思いますが、まずは振り分けてしまいます。

 

1日のどの時間に行うかスケジューリングします。

集中力がある午前中に1日の仕事の7割を終える気持ちでスケジューリングを入れるとよいです。
順番を決めるのが難しい場合は、下記にならって優先順位を決め、優先順位が高いものから行います。

優先順位


調整します

決められた時間内にできる方法を考えます。
基本的に、品質は落とさずにできる方法を考えます。

なるべく前倒しで行いますが、どうしても納期を遅らないといけない場合は、関係者に確認・連絡します。

仕事の管理に使う 時間管理

 

 

人気・おすすめのシステム手帳・リフィル



各サイズの選び方や使い方、特徴 システム手帳リフィル(用紙)の種類や使い方 システム手帳の特徴・機能他
システム手帳の種類・メーカー 仕事における使い方 基本的な営業方法と手帳の使い方
システム手帳を使う目的・メリット 管理人が読んだ本のレビュー・口コミ 管理人が購入した商品の体験レビュー

このページの先頭へ