2017年システム手帳・リフィルのおすすめ

システム手帳の使いやすい大きさはA5サイズがおすすめ!

システム手帳はA5がおすすめ

システム手帳の「使いやすさ」について考えてみました。
「使いやすさ」といってもいろんな視点がありますが、「書く」ということにおいての使いやすさです。

使いやすい大きさのポイントとしては、リングと紙サイズが大きなウエイトを占めていると思います。

 

リングはなるべく小さいものを選ぶ

使いやすい大きさはA5サイズがおすすめ

写真はリング径約25mmです。
右利きの場合、左ページに記入する際、手がリングに当たってとても書きづらいです。
収納する紙の枚数の方が優先順位は高いと思いますが、なるべくリング径が小さいものの方が書きやすいです。


使いやすい大きさはA5サイズがおすすめ リング

紙の量は、上の写真のように左ページの量が少ないと余計に書きづらくなるため、バランスをみて左ページも厚みを持たせたほうがよいです。
年間カレンダーなど、ずっと手帳に収納しておくリフィルを入れておくのがよいです。


使いやすい大きさはA5サイズがおすすめ 右ページの書きやすさ

右ページの紙の量が少ないのは問題ありません。逆にカバーに手がカバーに支えられて書きやすいです。

 

 

紙のサイズはなるべく大きいものを選ぶ


使いやすい大きさはA5サイズがおすすめ イメージ

A5サイズの紙でも、ペンを握ったときの手が紙の幅の半分ぐらいになります
バイブルサイズはA5サイズの幅の約3分の2ですので、かなり書きにくくなります。

コンパクト性を求めていないようであればA5サイズがおすすめです。


使いやすい大きさはA5サイズがおすすめ 下敷き

サイズではありませんが、プラスチックの下敷きがあるとかなり書きやすいです。

 

机の上で書く場合なら手帳のサイズから手がはみ出しても、机に支えられるためよいのですが、手でもって書くときはさらに書きにくくなります。
手帳は書いてナンボというところがありますので、なるべく大きなものを選ぶのがよいです。

A5サイズが使いやすいと思いますし、ビジネスでもメジャーなのはA5サイズです。

人気・おすすめのシステム手帳・リフィル



各サイズの選び方や使い方、特徴 システム手帳リフィル(用紙)の種類や使い方 システム手帳の特徴・機能他
システム手帳の種類・メーカー 仕事における使い方 基本的な営業方法と手帳の使い方
システム手帳を使う目的・メリット 管理人が読んだ本のレビュー・口コミ 管理人が購入した商品の体験レビュー

このページの先頭へ