2017年システム手帳・リフィルのおすすめ

SYSTEM DIARY (システムダイアリー) 評価・口コミ・リフィルなど

日本のメーカーで、コンセプトは、「コンピューターの情報処理機能を手帳に」です。
何かあったときのために家族へ記録して残しておく「エンディングノート」がメイン商品です。
ファイナンシャルプランナー・相続診断士の一橋香織氏が監修されています。
他にも各種リフィルや備品も販売しています。
関東以南の特定の書店と自社ネットショップで販売されています。
システムダイアリーのシステム手帳を、ユーザーの声とともにご紹介します。

systemdiary

 

サイズ展開

  • ジャストポケットサイズ(W97×H145mm)

※オリジナルで8穴タイプのため、市販のリフィルは使用できません。

 

カラーバリエーション

  • ブラック
  • ダークブラウン
  • ネイビー

 

リフィル

  • エンディングノート
  • 1 日 1 ページダイアリー
  • 24時間ダイアリー
  • 年間スケジュール
  • マンスリーメモ
  • 日付入り週間スケジュール
  • タイムテーブル
  • 月間管理表
  • 5色罫線メモ
  • 無地メモ
  • データシート
  • 金銭物品出納

 

特徴

  • エンディングノートは、「自分に何か会った時に残す家族へ」というコンセプトです。
  • そのコンテンツは、加入保険や財産、お墓、遺言、後見人、家族にお願いしたいことなどです。
  • カバーはW97×H145mmの1サイズしかありません。
  • カラープラケースやポケットなどの備品は割りと充実しています。

 

インターネット上の評価・評判・レビュー

  • 年間スケジュールは、ジャバラになっていて、3ヶ月分を見渡せ便利なようです。
  • ウィークリースケジュールには日付が入っていますが、1日1ページには入っていないようなので、注意が必要です。
  • サイズが小さいため、携帯に便利で、すぐにメモがしやすいという意見があります。

アプリ(スマホ連携)

  • 連携アプリはありません。

 

エンディングノートは、内容が保険や財産、お墓、遺言についてなどのことなので、あまり気軽に持ち歩きにくいものだと思いました。
個人的には、エクセルなどでデータとして保管しておいた方がよいのではないかと思いました。
カバーはW97×H145mmの1サイズしかないため、それより大きいものを求める人には向いていないです。

http://system-diary.jp/

人気・おすすめのシステム手帳・リフィル



各サイズの選び方や使い方、特徴 システム手帳リフィル(用紙)の種類や使い方 システム手帳の特徴・機能他
システム手帳の種類・メーカー 仕事における使い方 基本的な営業方法と手帳の使い方
システム手帳を使う目的・メリット 管理人が読んだ本のレビュー・口コミ 管理人が購入した商品の体験レビュー

このページの先頭へ