2017年システム手帳・リフィルのおすすめ

システム手帳メーカーの種類一覧

システム手帳メーカー・種類


システム手帳は、服飾・カバンのブランドから文具メーカーなど、様々なところから商品が出されています。
国内・国外問わず、服飾・カバンのブランドのシステム手帳はカバーデザインが個性的なものが多く、リフィル自体の内容までは凝ったものは少ないのが現状です。
視覚的なデザイン以外で、リフィルの機能性や使い方を重要視したメーカーを中心にご紹介します。

 

※商品・ブランドのリンクは、当サイトの紹介ページにリンクしています。

  •  サイズ展開:少(1~2)、中(3~4)、多(5~)
  •  カラー展開:少(1~3)、中(4~6)、多(7~)

※一覧表は上からおおよその価格帯が安い順になっています。

商品・ブランド サイズ展開 カラー展開 特徴
V.for.M 安価・形はスタンダード
       
SYSTEMDIARY 有事の際の手帳。情報管理に重点。
       
Bindex ビジネス向け・シンプル
       
ダヴィンチ 革と紙の品質にこだわり。購入者の満足度高
       
ブリットハウス 革のこだわり。柔らかい革あり。
       
ブレイリオ 革のこだわりあり
       
ミラグロ 白い粉がふいているような独特の素材感
       
アシュフォード 革の品質にこだわり。主にビジネス向き。
       
filofax 全体的に価格高。リフィルは一般向き。
       
KNOX 全体的に価格高。コンパクト志向の方に。
       

 

人気・おすすめのシステム手帳・リフィル



各サイズの選び方や使い方、特徴 システム手帳リフィル(用紙)の種類や使い方 システム手帳の特徴・機能他
システム手帳の種類・メーカー 仕事における使い方 基本的な営業方法と手帳の使い方
システム手帳を使う目的・メリット 管理人が読んだ本のレビュー・口コミ 管理人が購入した商品の体験レビュー

このページの先頭へ